法西医院

西宮市の小児科内科医院のブログ

フィギュアスケートの四大陸選手権が終了しました。

女子は三原選手が安定した演技で優勝しました。

確かに今まで無名でしたが、グランプリシリーズでのPCSがすでにトップクラスの点数だったのでその地点ですでに海外のジャッジからは高評価だったのですでに注目されていたことが伺えます。

まずジャンプ、スピン、ステップ、そしてスケーティングどれをとっても非凡でした。

ただ佇まいはいわゆるオーラを放つタイプではないのですが。

それでも素質の高さは見逃されなくてホッとしています。

本郷選手は急きょ出場が決まって練習不足でした。

これは仕方がないと思います。

樋口選手は調子が悪かったようです。

まあ、ジャンプが不調なのは仕方がないと思います。

でも他の要素がすべていまいちに見えてしまうのは問題だと思います。

調子が悪くてもそれなりに戦えるところを見せていかないとこれから厳しいと思います。

男子は4回転の勝負となりましたね。

ネイサン・チェン選手は見事でした。

ただ、ジャンプの乱れは減点要素になるし、それがPCSにも影響してくるのでそこが課題ではありますが、それでもここ1年の成長はすさまじいものがあります。

羽生選手は4回転サルコウに不安をかかえていたようですね。

それでもまとめてくるあたりさすがだと思いました。

宇野選手も果敢に挑戦しましたがまだちょっと差があるようです。

でもオリンピックに向けての挑戦はあとあと生きてくると思います。

すばらしい大会でした。

down

コメントする