法西医院

西宮市の小児科内科医院のブログ

パトリック・チャン選手の演技構成で羽生選手に届くのか

time 2016/02/23

四大陸選手権ではパトリック・チャン選手が演技構成を上げて素晴らしい演技を行いました。

それではそのフリーの演技構成を見てみます。

わかりやすくジャンプのみで見てみます。

パトリック・チャン選手の演技構成(四大陸選手権)
前半
4T+3T 14.4
3A 8.5
4T 10.3
後半
3A+2T 10.78
3Lz+2T+2Lo 10.01
3Lo 5.61
3S 4.62
3F 5.83
で合計は70.05となります。

一方羽生選手は
前半
4S 10.5
4T 10.3
3F 5.3
後半
4T+3T 16.06
3A+2T 10.78
3A+1Lo+3S 14.74
3Lo 5.61
3Lz 6.6
で合計が79.89となります。

確かに羽生選手がほぼパーフェクトな演技をすれば届かないですが、4回転での減点の大きさを考えると届かなくはないかなと思います。
ただ、フェルナンデス選手、ボーヤン選手らのことを考えるとできれば4回転の1つは後半にもってきたいところではあります。

down

コメントする