法西医院

西宮市の小児科内科医院のブログ

黎明に揺蕩う女王の森(淡路ミステリーゲーム)

time 2016/05/03

一般的には全く無名だとは思うのですが、謎解きの業界では超人気の謎制作団体です。
場所が淡路島と不便なところにあり、アクセスしにくい所なのでチケット売れるの?と思うじゃないですか。
でも実際はチケットは発売後数分で完売、しかもキャンセルがでないという。

もともとはあきらめていました。
実際チケット取れなかったし。

でも今回、偶然に譲ってくださる方がいらっしゃって、それで幸運にも参加できることになりました。

連休中なのでバスは舞子から乗ることにしました。
空いていてよかったです。
海もきれいで、天気もなかなかよかったです。

そして会場へ。
会場に着いた時からちょっと雰囲気にのまれました。
それは初めて参加だからという部分もあったとは思いますが、醸し出す雰囲気がちょっと違うんですよ、ほかの団体と。

謎解きそのものの内容は話せませんが、感想を述べると終わったときはなんかあっさりのような気がしたんです。
でもなんか違和感があって。
そして淡路島を離れ、家についてみるとなんだか夢だったような気がしてくるんです。
そう、この公演は淡路島であるからこそ価値があるものだったんです。
つまり、あの場所がまさしく何かをあの団体に与えているんです。
以前パトランドでやったときはあまり評価が高くありませんでした。
でもそれは神戸だったからだと思うんです。
あの地を離れると魔力を失ってしまうんです。

年に一回、多くの人が行きたがる理由はあの不思議な体験をしたいからだと思います。
たとえると千と千尋の神隠しのような
あるいは原田知世主演の「時をかける少女」をはじめとする尾道3部作のような
ガラスの仮面の紅天女の梅の里みたいな

だから合う合わないはあると思います。
ですが一度は体験できたらと思います。
そういういみでは本当にラッキーでした。

down

コメントする